Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

☆ラグビーワールドカップ2019日本大会公式曲が決定!吉岡聖恵氏が歌う!

ラグビーワールドカップ2019日本大会公式曲をいきものがかりの吉岡が担当!

ラグビーワールドカップ2019日本大会のオフィシャルソングが決定し、これを歌唱力に定評がある「いきものがかり」のボーカル担当・吉岡聖恵さんが、担当することが主催者であるワールドラグビーが発表しました。

ラグビーW杯2019日本大会のオフィシャルソングの曲名は「World In Union」。

実はこの「World In Union」と言う曲は、1991年の第2回大会のオフィシャルソングとして発表されたもので、この曲を以降の開催国の著名な歌手が、歌い継いでいくというスタイルになってます。

なので、あらたに吉岡聖恵氏が書き下ろしは曲と言うことではありません。^^;
ただ日本の代表として、選ばれるということはスゴイことですね。

では、吉岡聖恵氏が歌うラグビーW杯2019日本大会オフィシャルソングが入った大会プロモーション映像をどうぞ!

【ラグビーワールドカップ】この感動は一生に一度だ / オフィシャルソング 『World In Union』 / 吉岡聖恵(いきものがかり)

ラグビーワールドカップ公式ソングの作曲者はだれ?

公式HPには、次のようなクレジットがあります。

曲名:World In Union
作詞:John Skarbek Charles
作曲:Gustav Holst

イギリス出身の作曲家ホルストが作曲した組曲『惑星』の中にある、「木星」メロディをモチーフにしたそうです。

これは、平原綾香さんの「Jupiter」と同じコンセプトだということはご存知でしょうか?

ぜひ聞いてみて下さい。平原綾香さんの「Jupiter」です。笑

ラグビーワールドカップオフィシャルソングの歴代歌手

ラグビーワールドカップの公式ソングを歌唱した歴代の歌い手たちの一覧です。

この方々が、「World In Union」を歌い継いできました。吉岡聖恵さんが大会を盛り上げてくれることを期待します。

・第2回大会 : 1991年 イングランド大会 キリ・テ・カナワ
・第3回大会 : 1995年 南アフリカ大会 レディスミス・ブラック・マンバーゾとPJパワーズ
・第4回大会 : 1999年 ウェールズ大会 シャーリー・バッシー &ブリン・ターフェル
・第5回大会 : 2003年 オーストラリア大会 ユナイテッド・カラーズ・オブ・サウンド
・第6回大会 : 2007年 フランス大会 オール・スターズ
・第7回大会 : 2011年 ニュージーランド大会 ヘイリー・ウェステンラ
・第8回大会 : 2015年 イングランド大会 ローラ・ライト

・第9回大会 : 2019年 日本大会 吉岡聖恵